家庭教師の先生が来る!いったい、どんな準備が必要?|ススムとマナビの家庭教師比較部

家庭教師の先生が来る!いったい、どんな準備が必要?

家庭教師はお子さまと先生が一対一で関わるだけでなく、保護者さまとも頻繁に顔を合わせる点が大きな特徴です。つまり、学習塾に比べると“密”な関係を築きながら、お子さまの成績アップをねらうこととなります。そのため、良い関係を築くための「気遣い」というものが必要となります。
家庭教師の先生をお迎えするにあたって、どのようなことに気を付けていくべきかをご紹介いたします。

お茶やお菓子は用意した方がいいの?

家庭教師の先生をお迎えするにあたって、お茶やお菓子を用意することは様々なメリット・デメリットがあります。家庭教師会社の方で受取禁止されているところもありますので、気になる場合は確認してみると良いでしょう。

お茶・お菓子を出すメリット

「歓迎する」という気持ちを示すことが出来る

お茶やお菓子(クッキーやコンビニスイーツのような簡単なもの)があれば、「相手を歓迎する意思」を示すことができます。先生側も「全く気にしない」という声もありますが、やはり出してもらえると嬉しいものです。

お子さまと先生のリフレッシュになる

勉強をすると脳が疲れて集中力も切れ、甘いものが欲しくなりますよね。そんなとき、お菓子があれば糖分の摂取ができ、小休憩にもなります。人間の集中力はおおよそ90分程度と言われているため、授業時間によってはお菓子の差し入れも有効かもしれません。
またお茶の用意があると、指導で長時間声を発されている先生の水分補給にもなるためおすすめです。

お子さまと先生が良好な関係を築く手助けとなる

特に初対面のときなど、甘いものを食べながら少し雑談する時間があるだけで、案外スッと打ち解けられたりするものです。適切に心の距離を近づけておくことで、お子さまは分からない問題や疑問点を遠慮なく質問できるようになり、先生もお子さまの性格や人間性にあわせた教え方のコツを掴みやすくなります。

お茶・お菓子を出すデメリット

家庭教師会社から禁止されている場合もある

お茶やお菓子をお出しすると一般的には喜ばれることが多いですが、家庭教師会社によっては受け取ることを禁止しているところもあります。保護者さまがこの点を気にする必要はありませんが、気になる場合は、初回の授業などのときにお茶を出してみて様子をうかがってみると良いでしょう。

苦手・アレルギーなどの問題もある

先生がアレルギーなどをもたれていると、ご厚意はありがたく感じるものの、どうしても受け取れない場合もあります。お出しする飲み物は麦茶や緑茶、水など無難なものが良いでしょう。また、直接「苦手なものはありますか?」などと尋ねてしまうのも全く問題ありません。

集中力が途切れてしまうリスクもある

お子さまの年齢や性格などにもよりますが、お菓子が気になって集中力が途切れてしまう場合もあります。逆に、休憩のおやつが目の前にあると「あと少し、キリの良い所まで頑張ろう!」と気が引き締まるお子さまもいらっしゃいますので、普段の生活や指導のなかで少しずつ様子を見て決めるのも良いでしょう。

家の掃除や学習スペースの準備はどの程度すべき?

家庭教師の先生がくるたびに家全体をピカピカにしておくまでの必要はありませんが、授業を行う部屋や学習スペースは、指導に差し支えない程度には掃除をしておくほうがよいでしょう。
また、お子さまも先生も快適に授業が進められるよう、季節によってはエアコンの設定などを適宜調整してあげると良いかもしれませんね。

コロナ対策は何をすればいいの?

マスクの着用や、定期的な室内の換気、検温や体調確認を、ご家庭にお願いしている家庭教師会社が多いようです。家庭教師会社側のコロナ対策(マスク着用・検温・検査・手洗いうがいの徹底・オンライン授業への切り替えなど)について確認するとともに、ご家庭側で対応すべき点についても合わせてチェックしておきましょう。

過去の試験結果や成績表の用意は必要?

先生が指導のうえで一番知りたいことは、お子さまの得意分野と苦手分野です。「数学が苦手」「国語は得意」のような科目レベル以上に、各単元での得意・不得意が知りたいのです。

お子さまについて知ってもらうことが重要

例えばある数学の試験で70点だったとしても、「標準~難しい問題は全く歯が立たず、基本問題を確実に解いて取った70点」と「一通り手がつき、さらに途中まで部分点がもらえているが、細かいミスが重なって取った70点」とでは、教え方を変える必要があるからです。
前者の場合は、基礎問題の理解と解答に問題がないため、より深い理解を促すためのインプットから入る必要があります。しかし後者は、解法や単元全体のインプットはある程度出来ているため、実際に問題を解いてアウトプットの練習を重ねる必要があります。特に、苦手な科目・単元のテストの答案用紙もあると良いでしょう。

しかし、学校の成績や模試の結果を保護者さまにも見られたくないというお子さまも多いはず。お子さまの意に沿わないことをしてしまうと、勉強嫌いを加速させてしまう危険性もあります。そのため、きちんとお子さまの許可をとり、説得してから、家庭教師の先生にお見せするようにしましょう。

事前に授業内容を確認するにはどうすればいいの?

ここまで、家庭教師をお迎えする際の一般的な用意についてご紹介しましたが、どういった授業が受けられるのかについては、細かな注意点や準備物などと同様、家庭教師会社によって様々です。
事前に授業内容を確認するためには、正式に指導を開始する前に「体験授業」でシミュレーションをしてみることをおすすめします。授業や先生の雰囲気やお子さまとの相性などを確かめられるうえ、疑問や不安の解消にもつながります。各社のサービスも活用しながら準備を整えておきましょう!

体験授業を受けるうえでのチェックポイント3選

体験授業にどんな人がくるのかチェック!
家庭教師のノーバス

体験授業に来るのは経験豊富な専門スタッフ!(家庭教師のノーバスの例)

体験授業では、実際の先生がいきなりやってくるのではなく、まずカウンセリングや指導実績・経験の豊富な専門スタッフが伺うケースもあります。家庭教師のノーバスでは、保護者さま・お子さまからのご要望、性格診断テストの結果を元に、訪問した専門スタッフがお子さまにピッタリの先生を選考しているようです。

体験授業で何をしてもらえるのかチェック!
家庭教師のあすなろ 関東

体験授業でお子さまの課題が見つかり改善のきっかけに!(家庭教師のあすなろの例)

お子さまの成績や勉強習慣について悩みがあるけれど、どうしたらいいのかわからない…という方にこそ、体験授業はおすすめです。家庭教師のあすなろでは、体験授業でもお子さまの課題を見つけ出して対策していくため、課題が見つかったり、勉強のきっかけとなり、『もっと早く知りたかった』というクチコミが多いようです。

強引な入会勧誘をしていないかどうかチェック!
家庭教師のガンバ

無理な勧誘は一切行わないことを約束!(家庭教師のガンバの例)

中には体験授業とうたっておきながら、強引に勧誘してくる会社もあるようです。家庭教師のガンバでは「今の勉強法と比べたい」「勉強のやり方だけ知りたい」といった方も歓迎しており、無理な勧誘は一切行わないことを約束しているとのこと。体験授業を受ける際は、強引な入会勧誘をしていないかどうかもチェックしましょう。

家庭教師の先生をお迎えするには色々と知っておくべきことがありますが、
実際に体験授業を受けることで、直接会社に確認することも可能です。

お子さまにぴったり
家庭教師を探してみましょう!

体験授業を受ける家庭教師を探す 当サイトからの無料体験+ご入会、又は資料請求+ご入会で、QUOカード5,000円 or 2,000円分をプレゼント!