家庭教師の分類

家庭教師には、プロ家庭教師(専門家庭教師)と学生家庭教師があります。
両者の特徴を理解し、学習の目的によって上手に選びわけてあげましょう。

プロ家庭教師の特徴
難関校に生徒を合格させるノウハウを持っている、受験算数の指導に長けているなど、普通の家庭教師では不可能な指導を行います。そのため、学生家庭教師よりも高めの指導料となります。長所はもちろん指導経験、指導実績に伴う指導能力にあります。ただし、「プロ」と名乗る資格などがないため、今までどのような生徒を何人くらい指導してきたか、どこの学校に何人くらい合格させたかを面接時にしっかりチェックし見極めなくてはなりません。

学生家庭教師の特徴
年齢が近いため、生徒と同じ目線に立って指導を行います。一般的にプロ教師に比べて時給が低いと言われており、ご家庭への負担が最小限に抑えることが可能です。長所は生徒に親しみやすい授業を受けられること、大学内の新鮮な情報を得られることにあります。生徒が教師から学校の話を聞くことで学習意欲が高まり、学力が向上する場合が多いようです。そのため、教師と生徒の相性が最重要となってきます。ただし学生アルバイトであるため、長期間の契約が難しいことがあります。

教師選びに迷ったら
お子様の家庭学習状況はどうでしょうか?自発的に机に向かうか、集中して学習できているかをもう一度見直してみてください。お子様の現在の学力、学習状況で家庭教師を頼む目的がはっきりするはずです。学校の予習、復習のため、家庭学習の癖をつけるために家庭教師をお考えならば、お子様の目線に立って授業を行うことを得意とする学生家庭教師で十分なはずです。難関校の受験を控えている、大幅な学力差を短期間で埋めると言う場合、経験を積んだプロ家庭教師でなくては目標達成が難しいと言えます。お子様に合った教師であるか、教師選びで一番大切なポイントです。

お子様の目線に立った授業を行うことを得意とする学生家庭教師と豊富な指導経験と実績に基づいて指導を行うプロ家庭教師、一概にどちらがいいと言えません。学力を上げるためには、お子様に合った教師を選ぶことが何より大切になります。教師選びに迷ったら、目的を見直してみましょう。