よい教師の選び方

家庭教師の特徴はマンツーマンで生徒に合わせた指導を受けられるところです。
そのため、教師と生徒が共にがんばれる環境でなくてはなりません。
やる気を出させてくれる、よい教師を選びましょう。
[よい家庭教師とは]
よい家庭教師に…と言いますが、生徒の成績を上げることの出来るよい家庭教師とはどのような教師なのでしょうか?「よい家庭教師」といわれる教師の特徴をあげてみましょう。

よい家庭教師とは

よい家庭教師に…と言いますが、生徒の成績を上げることの出来るよい家庭教師とはどのような教師なのでしょうか?「よい家庭教師」といわれる教師の特徴をあげてみましょう。

生徒との相性が良い
相性とは「性格面」と「学習面」の相性を言います。性格の相性がいいのに成績が上がらない、始めは順調だったが伸び悩んでいるという場合、学習面での相性が合わないことが多いようです。生徒の学力に合う解説を行うことは容易ではありません。学習面での相性は成績向上の大切なポイントです。

生徒の「分からない」を分かる能力
生徒が「分からない」ということが分かる教師、さらにその問題を図や例えを用いて分かりやすく説明してくれる家庭教師を選ぶようにしましょう。ひとつひとつの苦手をなくしていくことが、成績を上げるために大切です。

誠実で熱心
解説が分かりやすいのはもちろん、学習プランを立てくれる、生徒の学習相談を受けてくれるなど教えることに熱心な家庭教師を選びましょう。誠実で熱心に指導する家庭教師であれば、生徒もよい刺激を受けるはずです。よい刺激は学習意欲を高め、成績向上へとつながります。

面接時にチェックすべきポイント
多くの家庭教師は指導の前に、面接や体験授業といった形で実際にご家庭を訪問します。
そのときにチェックするポイントをご紹介します。大切な家庭教師選びにお役立てください。

1)学習面の相性(教師の能力)
多くの家庭教師は指導の前に、面接や体験授業といった形で実際にご家庭を訪問します。
そのときにチェックするポイントをご紹介します。大切な家庭教師選びにお役立てください。
2)指導経験
今までどのような生徒を教えてきたか、その結果はどうだったかなどの指導経験、指導実績は教師を見極める大切なポイントになってきます。指導経験、実績があり、さらに具体的な指導案をその場で説明してくれる教師を選びましょう。
3)指導人数
今までどのような生徒を教えてきたか、その結果はどうだったかなどの指導経験、指導実績は教師を見極める大切なポイントになってきます。指導経験、実績があり、さらに具体的な指導案をその場で説明してくれる教師を選びましょう。
4)生徒との相性
性格面での相性は、生徒のやる気につながります。お子様の志望校の出身である、同じ塾に通っていたなど、お子様との共通点があれば生徒の教師に対する気持ちも変わってくるでしょう。生徒が信頼できる教師を選ぶことが大切です。
5)長期間続けられる
家庭教師が短期間で変わることは生徒にとっても大きな精神的負担になります。依頼の目的が受験であれば、受験が終わるまで続けられるかどうかを聞くようにしましょう。最後まで責任を持って教えられる教師を選ぶことが大切です。